×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第1回戦・入塾試験




前大会を制したパンサー塾。しかしルガールとの戦いで傷ついた塾長は引退を表明。
ルガールも全ての財産を失い運営する者の無くなった「K.O.F」は忘れ去られようとしていた。



しかし、超巨大企業「緑龍」が突如大会を買収。
さらに伝説のファイター、パンサー塾長を現場責任者に据える事を発表。
これにより「K.O.F2007」が幕を開けることになる。





『よう、リョクさん。いよいよ予選開始だな。』
『気合十分だね。君には期待しているよ。』
『全力を尽くすぜ。…あんたには感謝してるよ。』
『本当に君のチームは参戦しないのかね?』
『俺の体はもう戦える状態じゃない。ミズキもユーリも今じゃ人気が出てCMや映画で忙しいのさ』
『残念だな。』
『だが変わりにうちの二期生達ががんばってくれるぜ?』
『はは、楽しみだな。じゃあ私はこれで失礼するよ?会議があるのでね。』





『塾長!塾長!』
『なんだムラムラか。何で貴様がここにいる?』
『俺もパンサー塾に入れて欲しいムラ。』
『それで?』
『そして参戦、活躍、その後モテモテ。完璧ムラ。』
『ワケわかんねえな。とにかくダメだ。死ね。』
『ひどいムラ!俺を入れれば優勝間違い無しなのにムラ!』
『ほう?じゃあ試してやろう。今日の前座でうちの「せんぱい」と戦え。勝てたら…』
『入塾ムラね?やってやるムラよ。せんぱいなんかバラバラにしてやるムラ!』







16・皆さんおひさしぶりです。遂にKOFが帰ってきました!
マ・俺はこの日を待っていたんだ。きっと誰もが同じだろう。
16・もちろんですよ。新オーナー「リョクリュウ」氏には感謝の言葉もありません!
マ・またお前とコンビが組めてうれしいぜ?
16・私もです。さあ、早速注目の一戦です。塾長の裁量により急遽試合が組まれましたが?
マ・そもそもムラムラってのは誰なんだ?聞いたことも無いぜ?
16・資料によれば1年前からパンサー塾入りを強く希望している様ですが…
マ・「せんぱい」というのはどんな奴なんだ?
16・パンサー塾2期生の一人で今大会では正式メンバーに抜擢された逸材です。
マ・女っ気無しだな。こんな試合興味ねえぞ。
16・相変わらずですね…



16・せんぱいの入場です!拡声器で何かを叫んでますよ?
『みんなで受信料を払おう!』
マ・何の事だ?
16・さっぱりですね…しかし気合は十分ですよ




16・ある意味最も注目を集めている男の入場です。
マ・リング上で踊ってやがる余裕かましやがって。
16・入塾を希望しているなら先輩に敬意を払うべきでしょう。
マ・良い態度とはいえんな。




16・試合開始!2007年最初の試合が始まりました。両雄火花を散らします!
『お互いフェアにやろうじゃないか…ハナクソ君?』
『無礼な口は許さないムラ!俺のが年上ムラよ!?』
マ・小学生並だな?




16・リング中央で両者ガッチリと組み合いました!
マ・互角…いや、せんぱいが少し押してるな。
16・せんぱいは組み合いからの駆け引きに長けています。




16・ブレーンバスター!電光石火さすがです!
マ・見事なフォームだ。スピードも申し分ない。




16・上からパンチで追い打ちをかけます!
マ・ラフなファイトもこなすって事を何気にアピールしてるんだな。
『そんな程度かハナクソくん!?』
16・ムラムラは頭から流血しています!このまま終わってしまうのか?




16・せんぱいは技を解いて観客にアピー…あっ!?
マ・スペシャルポイントを蹴り上げやがった。えげつないな。
16・せんぱいは悶絶しています。




16・さらに急所に攻撃を!
マ・膝を落としてやがる。すり身になっちまうぞ?
16・八発目を投下!もうやめて下さい!
マ・勝負の世界は厳しいんだ!




16・レフェリーが試合を止めました!ムラムラは大喜び。何が嬉しいんだ!?
マ・すばらしい試合だった。
16・どこら辺を見てそう言うんですか!?
マ・興奮するなよ。所詮は前座試合だろ?
16・気を取り直しましょう。ええと、次の試合は…





『塾長!どうムラか?勝ったムラよ?』
『…』
『コレで俺もパンサー塾生ムラ!』




『馬鹿かテメーは!』
『ぎゃああ!痛いムラ!痛いムラァ!』
『ナメやがってバカガキが!』




『ゴミはゴミ箱へ!』
『臭いムラ!』
『反省しろ!二度と姿を見せるな!』




『う…うう、許せないムラ。勝ったのに。勝ったのに!』
『悔しいかね?』
『誰ムラ?』
『復讐したいかね?もっと力が欲しくないかね?』
『復讐…力…。欲しいムラ!』
『ならば着いてきたまえ。怒り、憎しみ。その使い方をあのお方が教えて下さる。』



つづく

TOPへ